人気の京都婚!だけどカツラは嫌!はんなりヘツドドレスで彩ろう

花のヘッドドレスでボリュームを

京都で迎える結婚式、京都婚が人気となっており、いにしえの都で憧れの白無垢をという人も増えています。その一方で大きなカツラをつけることに抵抗のある女性も多いのですよ。そんな花嫁のために考えられたのが花のヘッドドレスでボリュームを出す方法です。普段の自分らしさを大切にしながらも艶やかな着物にふさわしい華やかな演出をすることができますよ。京都の雰囲気に合わせてはんなりヘッドドレスにトライしてみましょう。

ガーランドやかんざし風でボリューミーに

アンティークアジサイのガーランドを編みこみながら髪の毛を結い上げれば、かなりのボリュームを出すことができますよ。ガーランドはたっぷりと長さを取ることで演出のバリエーションも広がりますよ。また、カラーの花を左右から集めてワイヤリングしたかんざし風のヘッドドレスは横から見た姿だけでなく、正面から見ても美しくカラーのラインが左右に広がっているので、白無垢をより一層引き立ててくれるでしょう。シンプルに白、アイボリーホワイト色のカラーを使うといいですよ。

個性的なヘッドドレス

ブラックリーフ、バラ、グロリオサを使い葉や花の断面の表情の美しさを生かして、放射状に広がる花車風のヘッドドレスもいいでしょう。黒と赤のコントラストは和装によく合いますよ。また、ツバキの葉をワイヤリングして組み込んだベースに白ツバキを加えて清楚に仕上げてみるのもいいでしょう。ほかにもリューカデンドロンやキク、ベアグラスを使って葉物をロゼット状に形成したグリーンの創作花をモダンにあしらうのもいいですよ。花の白もつける位置を変えると、表情を変えた演出ができますよ。

太田での結婚式場探しを成功させるためには、事前の情報収集が大変重要で、人気ランキングや口コミなども参考になります。